渋谷で浮上を期する海賊たち!この苦難逆境、乗り越えろ!!

母校青学で闘う佐藤託矢、竹田 謙の躍動に期待!

ビーコルは、10月28日(土・18時5分TIP-OFF)と29日(日・14時5分TIP-OFF)現在4勝5敗で東地区5位サンロッカーズ渋谷と対戦する。

【写真提供:©B.LEAGUE】

 

あの世界有数のトレンドが集まる渋谷でBリーグの試合が行われるのは、なかなか刺激的だが、闘いの場となるのはこれまたファションスポットが密集する表参道にある青山学院大学のキャンパス内にある青山学院記念館だ。青山学院大学は、湊谷安玲久司朱、佐藤託矢、竹田 謙の母校だ。湊谷は残念ながら怪我のためにいないが、佐藤と竹田が母校で魅せる躍動に大きく期待したい。

特に和製ビッグマンである佐藤託矢は、スターティング5も多くなり、GAME終盤ではハシーム・サビート・マンカがファウルトラブルに陥った時に代わってコートに立つことも多くなっている。ガッツあるディフェンスで相手を苦しめ、シュートも徐々に増えてきているだけに、母校での一戦できっかけを掴んで欲しい。

#5佐藤託矢 母校青学での爆発が期待される 【写真提供:©B.LEAGUE】

 

サンロッカーズは、2015-16シーズンまでNBAレイカーズでプレーした#6ロバート・サクレ、昨季のBリーグ新人王#9ベンドラメ礼生を擁している。このベンドラメと、ビーコルのルーキーとは思えないプレーで躍動続ける田渡 凌との対戦は楽しみだ。

ビーコルのゴールデンルーキー#21田渡 凌 【写真提供:©B.LEAGUE】

 

ビーコルはアーリーカップでサンロッカーズと闘っているがこのときは67-73で敗戦している。直近のサンロッカーズは、10月20日、21日アウェーで川崎ブレイブサンダースに連敗したあと、10月25日にホーム墨田区総合体育館で栃木ブレックスに85−65で勝利している。この試合では、#0満原優樹が15得点とチームのスタッツリーダー。#6ロバート・サクレが14得点でこれに続いている。

サンロッカーズ渋谷#6ロバート・サクレ 【写真提供:©B.LEAGUE】

 

一方のビーコルは、前節の新潟アルビレックスBB戦で4Qでの悔しい逆転負けを喫しているが、18得点のジェフリー・パーマー、17得点の川村卓也が起点となった鮮やかなオフェンスには胸が高鳴った。。課題であるゾーンディフェンスからマンツーマンへの切り替えもスムーズに行え、強敵重戦車ガードナーをはじめとするアルビレックスのオフェンス陣を苦しめた時間帯もあった。

特にパーマーの躍動は、怪我で長期離脱となったウォッシュバーンのぶんも闘うといった強い気持ちと気迫が感じられたのは嬉しかった。さらには2本の3Pシュートで8得点を挙げた細谷将司の躍動もあり希望は多い。ファウルトラブルが課題になってくるが、ここを克服すれば勝機はある。

#4ジェフリー・パーマー【写真提供:©B.LEAGUE】

 

サンロッカーズはディフェンス主体のチームだがオフェンスを課題にしているだけに、ゾーンディフェンスでミスを誘い、相手ゴールにどんどん切り込んで得点を重ねていきたい。

7連敗と、苦しい状況が続くが、渋谷で何しても勝って連敗を止めなければならない。この土、日は青山学院記念館に少しでも多くのビーコルブースターが集結して、逆境の荒波に勇猛果敢にぶつかっていく海賊たちをこれでもかと後押しして欲しい!勝機はある!今度こその勝利を!ゴービーコー!!

【記事/おおかめともき(写真提供:©B.LEAGUE)】

 

Written by geki_ookame