このチームで優勝してこそ。

 川村卓也、なくてはならない絶対無比のエース。

「中心となる核となる選手がいなかったんです。主役がどうしても決まらない。アイコンになる主役の日本人選手がどうしても必要だったんです」

Bリーグ誕生前の時のことを振り返った岡本CEOの言葉だ。

「いっそ、アレン・アイバーソンでも口説きに行くかって言ってたんですよ。アイバーソンにレターまで書いて、関係者に預けるところまでやったんですけどね(笑)」

しかし、運命ともいえる“運と縁”により、元日本代表で、選手からも天才と言わしめられ、それこそアレン・アイバーソン並に獲得は無理と考えられていた日本バスケ界屈指の名選手 川村卓也のビーコル入りが実現した。その川村は、Bリーグ初年度の闘いを悔しい形で終えた。2017−18年シーズンの去就が注目されていたが、彼の心は早くから決まっていた。

 

―― 来季も川村選手がビーコルで闘うことになってビーコルブースターの皆さんが喜んでいます。決め手となったのは?

 

「(ビーコルで)やり残した感が、すごいあったんです。

 

負けが続きながらも、熱いブースターさんたちが一杯いてくれて支えてくれました。でも、皆さんに自分らしさを完全に示すことが出来なかったし、チームとしても、もっといい方向に行けたと思う。

 

そういう意味では不完全燃焼というか、残留争いまでしてしまって、シーズンが長くなってしまいました。

 

レギュラーシーズン終わってから、また皆さんに試合を観せられたということにはなったんですけど、やっぱりやってる僕らからしてみたら、違う方のプレーオフ、チャンピオンシップを観せたかったですし、それをしっかりと目指して、本当ならチャンピオンシップを迎えていたはずなんですから」

だから、まだ、もっと、このチームのために出来ることがあるんじゃないか。そういった想いで来季もこのチーム、ビーコルで闘うことに決めたんです。僕の気持ちのなかでは、またビーコルでプレーをしたいっていう想いが、非常に強かった。他のチームでっていう気持ちはあまりなかったですね」

 

海賊のエースとして川村卓也は、再びこのチームで闘う。共に悔しさを味わったビーコルブースターと共に。

【写真・テキスト/おおかめともき】

Written by geki_ookame