ビーコル、ブースターイベントで3月・4月決戦に向けて決起!

残り20試合、B1残留プレーオフ回避へ決意も新た!横浜の海賊たちが決戦の航海へ再出港!

横浜ビー・コルセアーズは、2月23日「横浜ビー・コルセアーズ ブースタークラブ」のプラチナ、ゴールド会員を対象としたファンイベント「B-COR NIGHT LIMITED」を開催した。

横浜市内のホテルでおこなわれたこのイベントでは、約90名のビーコルブースターが集結。ビーコル選手たちと写真撮影などで触れ合った。チームは、代表戦ブレイクの中で、航海途中のドック入りともいえる練習調整の真っ最中だが、その合間をぬっての参加となった。選手たちはトークショーもおこない、普段はなかなか聞くことが出来ないプライベートトークを披露して会場から爆笑を誘った。ビーコルブースターとの写真撮影では、サービス満点の表情やポーズでカメラに収まり、ブースターにとっては貴重なお宝2ショット写真に。選手たちもブースターと気さくに接し、終始笑顔が絶えない家族的な雰囲気が印象的だった。

ビーコルは3月2日・3日のアウェー三河戦からリーグ戦を再開するが、選手たちはビーコルブースターと楽しんだこの束の間の触れ合いで、迎える3月・4月決戦に向けて鋭気を養った。イベントの最後では、選手ひとりひとりと岡本尚博CEOが挨拶。残り20試合となった終盤戦への強い意気込みを表した。

イベントではB-ROSEが14人目のメンバーMikotoと共に駆けつけて会場に華を添えた。Mikotoは、特定非営利活動法人Being ALIVE Japanが提供している長期治療を必要とするこどもの復学支援プロジェクト「TEAMMATES(チームメイツ)」の一環としてB-ROSEに加入。Mikotoも長期療養を必要としている身だが、3月までの活動でビーコルと共に闘っている。Mikotoは、B-ROSEメンバーの挨拶の中で「今までいろんな人に、いっぱい応援してもらって元気が出たので、今度は(Mikotoが)選手の皆さんを応援することが出来て、とってもうれしいです。これからもずっと応援します!頑張ってください!」と挨拶。選手、会場のビーコルブースターから、温かい拍手が沸き起こった。Mikotoのこのメッセージは選手たちに大きな力となったはずだ。

B-ROSEと共に駆けつけ挨拶するMikoto。決戦に挑む選手たちに力強いメッセージを送った


選手と岡本CEOの挨拶では、それぞれが3月・4月決戦へ向けた強い決意を表明した。

#0 細谷将司キャプテン

「残り20試合、B1残留に向けてチーム一丸で頑張っていきます。引き続き、熱い応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#0細谷将司キャプテン


#1 川村卓也

「今日あった皆さんと選手の笑顔が、今シーズンの最後、会場で見れるように残り20試合頑張っていきます!引き続き、ブーストをよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#1川村卓也


#2 高島一貴

「毎年、残留プレーオフに行ってしまう不甲斐ない結果が続いていますが、まだ(残留プレーオフを回避出来る)チャンスはあるので、このメンバーでチーム一丸となって闘います。ぜひ後押しをお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#2高島一貴


#7 橋本尚明

「残り20試合、全力で闘います!応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#7橋本尚明


#10 ハンター・コート

「今シーズン、いろいろとキツいと思うんですけど、皆さんと他の選手と一緒の気持ちで闘いたいと思っています。応援をぜひお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#10ハンター・コート


#21 田渡 凌

「残り20試合ですが、死ぬ気で闘います!皆さんと一緒に闘って少しでも多く勝てるように頑張るので、応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#21田渡 凌


#25 竹田 謙

「まだまだチームとしては、成長出来ると思っています。僕もそれが楽しみですし、皆さんも、ここからの20試合を楽しみにして欲しいです」

横浜ビー・コルセアーズ#25竹田 謙


#32 エドワード・モリス

「皆さんのサポートに感謝します。まだシーズンは20試合続きます。ここから皆さんのサポートが絶対に必要になってきます。自分たちもしっかりと頑張っていくので、これからも変わらないサポートをよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#32エドワード・モリス


#33 アーサー・スティーブンソン

「皆さんのサポートに感謝します。あと20試合、頑張って闘います!応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#33アーサー・スティーブンソン


#34 ブランドン・コストナー

「他の選手たちが僕の言いたいことを言ってしまいましたね(笑)。あと20試合、ベストを尽くして闘っていくので、応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#34ブランドン・コストナー


#81 小原 翼

「皆さんのサポートが僕らの力になっています。これからも応援をよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#81小原 翼


選手のトリをもう一人のキャプテン湊谷安玲久司朱が強い決意で締め、会場から激励の拍手を浴びた。

#5 湊谷安玲久司朱キャプテン

「今シーズン、最初の目標はプレーオフ進出でしたが、今は現実を受け止めて残留プレーオフ回避が目標です。残り20試合を5割以上勝てば、残留プレーオフから抜け出ることが出来るので、そこを目指して、チーム全員で闘っていきます!最後までブーストをよろしくお願いします!」

横浜ビー・コルセアーズ#5湊谷安玲久司朱キャプテン


横浜ビー・コルセアーズ 岡本尚博CEO

「3月から最後の力を振り絞って全力で闘っていきます。今日、頂いた皆様ひとりひとりのお言葉や笑顔が選手の力になります。前半戦は試行錯誤が続いて、苦しい闘いが続きましたが、2019年になってブランドン・コストナーが入って、チームは熟成しつつあります。Bリーグになって1年目はB2との入れ替え戦、2年目の昨シーズンは残留プレーオフでB1に勝ち残りました。そして今シーズンは、何としても残留プレーオフに出ないで、4月の段階で来シーズンへの準備に取り掛かれるようにしたい。最後まで応援をよろしくお願い致します」

横浜ビー・コルセアーズ 岡本尚博CEO


3月・4月決戦を前にしておこなわれたこのイベントは、さながらB1残留プレーオフ回避の闘いへ向けた決起集会のような盛り上がりとなった。残り20試合、一戦必勝の闘いが続く。2月の代表戦ブレイクで、選手たちはさらなるチャージを施し、この決戦に挑む。選手たちの頑張りと共に、ここから必要なのは、家族であるビーコルブースターの力強い後押しだ。この日集った選手、チームスタッフ、そしてビーコルブースターは、これからの20試合を海賊一丸で闘い抜いていくことを誓い合っていた。もちろん、参加出来なかったビーコルブースターもそれは同じだ。B1残留プレーオフ回避を目指し、横浜の海賊たちが再び闘いの大海原に出港する。


⬇横浜ビー・コルセアーズ「B-COR NIGHT LIMITED」・写真ギャラリー

 

ぜひ多くの人に横浜ビー・コルセアーズのホームアリーナ横浜国際プールに駆けつけてもらい海賊一丸となってビーコルを猛ブーストしよう!

⬇横浜ビー・コルセアーズのチケット情報はこちらから!
https://www.bleague-ticket.jp/club/yb/

【記事・取材・写真/おおかめともき】

 

B-COR MAGAZINEと横浜ビー・コルセアーズがコラボしたスペシャルカレンダーを発売中。ビーマガが撮影した写真の中から厳選された約200枚から好きな写真を選んで作れる自分だけのスペシャルビーコルカレンダーだ。販売サイトは、この画像をクリックすると入れる。商品の仕上がりもクオリティのある逸品だ。ぜひ手に入れて欲しい。

Written by geki_ookame