ビーコルが新アシスタントコーチ就任を発表

リーグ戦再開前にベンチ固め

海賊ベンチに新たなメンバーの加入だ。ビーコルが加藤翔鷹(かとう しょうよう)氏のアシスタントコーチ就任を発表した。

昨12月に尺野将太ACがヘッドコーチに就任したことでアシスタントコーチは欠員となっていた。現在、湊谷安玲久司朱が右足アキレス腱断裂での離脱で、選手兼アシスタントコーチをつとめているが、アシスタントコーチの補充は急務となっていた。

加藤翔鷹(かとう しょうよう)新AC【写真提供:横浜ビー・コルセアーズ】

 

加藤 翔鷹(Shoyo Kato)
生年月日:1990年 7月17日
出 身 :静岡県
出身校 :筑波大学大学院
2016-17 アースフレンズ東京Z アナリスト
2017-18 横浜ビー・コルセアーズ アシスタントコーチ

 

加藤新ACは、クラブを通じて意気込みを発表している。

「この度、新たにチームに加入させていただくことになりました、加藤翔鷹と申します。 まずシーズン途中にも関わらずこのような機会を与えてくださった、岡本社長、尺野ヘッドコーチ、 ウィスマンアドバイザー、そしてクラブ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。 後半シーズンの巻き返しに貢献できるように尽力してまいります。 ご声援のほどよろしくお願いいたします」

 

海賊に加わった28歳のヤングAC。2016-17シーズンはアースフレンズ東京Zでアナリストを務めていただけに、分析力に長ける尺野将太HCにはうってつけのアシスタントコーチになるだろう。

【記事/おおかめともき(写真提供:横浜ビー・コルセアーズ)】

 

Written by geki_ookame