開幕節を終えた、もうひとりのキャプテン#0細谷将司に聞く。

危機感を感じながら、もう一度みんなで信じ合ってやっていく。

富山での開幕節を終えた#0細谷将司に話を聞いた。開幕でいきなり大敗を喫したチームの中で、もうひとりのキャプテンはどう思い闘っていたのだろうか。

横浜ビー・コルセアーズ#0細谷将司


新生ビーコルが期待を持って迎えた開幕節は、GAME1GAME2ともにディフェンスが崩壊してしまい厳しい大敗での連敗になってしまった。特にGAME2での101失点はチームにとっても、ビーコルブースターにとってもショックの大きい負け方だった。細谷はこう振り返っている。

「スミス選手を抑えることが出来ませんでした。ディフェンスもオフェンスも自分たちの思うように出来なかった。特にGAME1で94失点、GAME2で101失点したディフェンスは厳しいと思っています」

開幕節では、今季ハンナリーズからグラウジーズに移籍したジョシュア・スミスにGAME1で39得点、GAME2は25得点を許し、ひとりの選手にいいようにやられてしまった。


修正が期待されたGAME2では、前日に多用したゾーンディフェンスからマンツーマンディフェンスに変更。しかし、1Q開始早々に11-0のランを許してしまい最初のクォーターだけで34失点。以降も立て直すことが出来ずに101失点。シーズン当初から抱えていた課題が一気に露呈したディフェンスの崩壊だった。新しいヘッドコーチと新しいチームであるがゆえに、ひとつミスが出てしまうと連携が崩れてしまうのだろうか。

「それはないと思っています。GAME2の1Qでは、そうなってしまった部分があったかもしれませんが、続けてやられてしまった以上、どこかでしっかりと止めないといけない。それが出来なかったからこの点数になってしまった。やはりディフェンスに尽きると思います」

「トム(トーマス・ウィスマン)HCの言っていることをチーム全員がやろうとはしています。ただ、それをゲームの中できちんと遂行することが出来ていません。GAME2に関して言えば、1Qの出だしの部分で、僕のミスだったり、ディフェンスの部分で崩れてしまいました」


細谷はキャプテンのひとりとして、この大敗を悔やむ。心配なのはチームの状態だ。

「僕もこの2試合でリーダーシップを発揮することが出来ませんでした。(今回の大敗で)チームの状態が崩壊しているとか、そういったことは全くありません。今回の結果をしっかりと受け止めて、僕たちは次に進みます。シーズンが始まった以上は進むしかない。今回の結果を今シーズンの最低として、ここから良くなっていくしかないと思っています」


次節は、富山戦から中4日でアウェーでのハンナリーズ2連戦がある。

「次が金曜日の試合で、時間があまりありませんが、しっかりとトムHCを中心にして準備をしていきます。ヘッドコーチが求めることを、ディフェンス、オフェンスの両方で、きちんと遂行出来るようにチームで練習を重ねていく。今はそれをやらないといけない状況です」


細谷は、キャプテンとして危機感を抱いている。開幕節でいきなり喫した大敗は、今後、この若いチームに良い影響を与え、良い結果をもたらしてくれるはずだ。

「シーズン始まったばかりですが、チームとして危機的な状況にあると思っています。もう一度、チームがひとつになって、前を向いて、チームメイト、コーチ、スタッフ全員が信じ合って、次のハンナリーズ戦に挑みます」


そして、ハンナリーズ戦のあとは、また中3日開けた水曜日におこなわれるホーム開幕戦でグラウジーズと再戦する。

「まずは、その前にあるハンナリーズ戦にしっかりと勝つこと。勝つことだけを目標にしていかないといけない。まずは目の前にある試合です。1試合1試合に集中してやっていきます」

大敗の中にあっても掴んだものはある。前を向いた細谷将司は、キャプテンとしての覚悟をみせた。このチームを引っ張り、強く結束させていく。京都での闘いに期待したい。

【インタビュー・写真・記事/おおかめともき】

細谷将司 Instagram
https://www.instagram.com/masashihosoya0/

オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mss4-51/

 

Written by geki_ookame