劇的なブザービーターでビーコルを歓喜に導いた、エース川村卓也のストーリー

残り1.7秒でブザービーターを決めた、ビーコルエース川村卓也の想いとは。

昨シーズンの2月4日横浜国際プールでの千葉ジェッツ戦で、劇的なブザービーターを決めた川村卓也の劇的なストーリー。

あのビーコルのエースが決めたしびれる勝利のブザービーターには、ひとりの選手の想いとドラマがあった。

ビーコルのエースシューター川村卓也。川村と共にビーコルに来た僚友の高島は、川村のことを「彼は本当に天才なんです」と評した。

しかし、ここに至るまでには、苦悩の時期があった。

川村は、昨年7月、Bリーグに加盟する時期にビー・コルセアーズに移籍して来た選手だ。移籍当初はビーコルブースターに受け入れてもらおうと必死に努力したと川村は言う。

「ビーコルに最初に来た時は、まだまだ“お客さん”っていうふうな立場で見られていたりとか、まだ来て間もない選手みたいな捉え方をされていた雰囲気を正直感じていました」

川村をビーコルで初めて観た時に何か孤高なイメージを感じた。そこには、こういった背景があったのかもしれない。彼は自身のプレーで示し、少しずつブースターに認められていった。

 「ゲームを重ねて行く中で、ビーコルの仲間になって行く過程が、凄く嬉しかった」

あの日の千葉ジェッツ戦、土壇場で同点にされ、主力2人がファウルトラブルに陥っていた残り1.7秒で、チームは迷うことなくラストチャンスの命運を川村に託した。

「自分がこのビーコルに来て、『ビーコルで勝ちたい』って、ずっとそう思っている中で積み重ねた想いも、あのシュートに乗せられたかなと思う。ああいった場面で、チームみんなが『タクで行こう』って言ってくれる今の状況に感謝しています」

 

そして、川村卓也はビーコルになくてはならないエース選手となった。

【写真・記事/おおかめともき】

 

Written by geki_ookame