アウェイ富山戦GAME1でジェフリー・パーマーが復帰!

JP IS BACK!復帰戦で3Pシュート2本6得点を挙げ完全復活!

頼れる男が帰ってきた。前回ホーム富山グラウジーズ戦GAME1で負った怪我から離脱していたジェフリー・パーマーが同じ相手グラウジーズとのアウェイ再戦GAME1で復帰し、3Pシュート2本で6得点をマークし、チームの6試合ぶりの勝利に大きく貢献した。

復帰が待望されていたジェフリー・パーマーは、オンザコート2の2Qに富山のコートに立った。開始早々9分25秒にいきなり見事な3Pシュートを沈め、チームの勢いと流れをさらに大きなものにした。さらには4Q7分19秒に3Pシュートを沈め、海賊浮上に向けて、なくてはならない男が完全復活した。

#4ジェフリー・パーマーの復帰後初となる3Pシュート。2Q開始早々だった

パーマーが戻って来たことは、チームに大きな勇気をもたらした。奇しくも、怪我をした相手との闘いで復帰したのは奇遇といえる、復帰戦後に話を聞いた。

「僕が不在のときにチームを見ていて必要なものが、ディフェンスとエネルギーだと思っていました。だから今日はその2点に集中しようと思っていたんです。ディフェンスがこのチームの要と思っています。いいディフェンスをすれば、いいオフェンスにも繋がりますね」

オンザコート2の2Qでジェフリー・パーマーがコートに立ち、いきなり3Pシュートを沈めチームに大きな流れをもたらした

パーマーが復帰した試合でチームは連敗を止めた。チームが勝てない間、パーマー自身も苦しんでいたという。

「ベンチから、チームが負けている姿を見ていたのは、自分にとっても非常にキツイことでした。だから、何が何でも、早く戻ってきたいという気持ちでした。今日戻れて本当に良かったですし、勝利となって、いい結果が付いてきて良かったです」

ハシーム・サビート・マンカ、ウィリアム・マクドナルド、そしてジェフリー・パーマー。これでチームは、みたび外国籍選手が3人になった。このことはこれからの浮上に向けて大きく、チームに大きな勇気を与える。

「彼ら(サビートとマクドナルド)にとっても、やりやすくなると思いますし、やはり4番と5番というのは、役割に大きな差があります。彼らは5番としてプレーすることに慣れているので、二人がコートに入っているときに、誰が4番、誰が5番という迷いが出てしまいます。僕がコートに出ることによって、僕が4番で、彼らが5番になれる。それぞれが能力を発揮出来るので、彼らにとっても、僕が戻ったことは良かったと思います」

JP IS BACK!

帰ってきたパーマーのエナジーが、未だ連勝のないチームにさらなる力とエナジーを与える。パーマーのGAME2に掛ける意気込みは大きい。最後にビーコルブースターへメッセージを送ってくれた。

「富山という遠い地に駆けつけてくれて、今日もビーコルブースターの皆さんが後押しをしてくれました。本当にブースターさんたちがいるということは、チームのエネルギーに変わってきています。僕たちも明日それをエネルギーに変えて2連勝して、横浜に帰りたいと思いますので、明日もブーストをよろしくお願いします!」

頼れる男がコートに帰ってきた。パーマーが帰ってきた今、もう何も怖くない。浮上に向けて、勝利に向かって突き進むのみだ!

【写真・記事/おおかめともき】

 

Written by geki_ookame