ビーコルが、元金沢で東海大出身の秋山皓太を獲得!

DFと外からのシュート、強いハートが持ち味。伸びしろ大きい逸材がビーコルとプロ初契約!

横浜ビー・コルセアーズは6月28日、元金沢武士団で東海大学バスケットボール部出身のシューティングガード、スモールフォワード秋山皓太(あきやま こうた 22歳)との来季の選手契約締結を発表した。秋山はこれがプロ初契約。

金沢武士団の特別指定選手から横浜ビー・コルセアーズ入りが発表された秋山皓太。強豪東海大バスケットボール部出身の秋山はこれがプロ初契約。【写真提供:©B.LEAGUE】


新潟県出身の秋山は、千葉ジェッツの富樫勇樹
と同じ新発田市立本丸中学校を卒業後、福岡第一高等学校を経て、強豪東海大学バスケットボール部に入部。昨季2月には特別指定選手としてB2金沢武士団に入団。今回のビーコル入りがプロとして初めてのスタートになる。

ディフェンスと外からのシュートが持ち味。加えて、相手に絶対負けたくないといったハートの強さも持っている。コートでは、ディフェンスから流れを掴むタイプで、チームメイトがフォローして欲しいところを助け、スタッツにはあらわれない部分での貢献が期待できる選手だ。

【写真提供:©B.LEAGUE】


東海大時代には、インカレ(全日本大学バスケットボール選手権大会)で準優勝と優勝を経験。優勝した昨年のインカレでは大会全5試合に出場して60分間をプレー。11得点、シュート成功率18.7%、3Pシュート成功率25%、フリースロー成功率100%(2/2本)。

特別指定選手としてプレーした金沢では、12試合に出場(先発なし)して89分間プレー。22得点(平均1.8得点)、シュート確率32.0%、3P成功率29.4%、フリースロー成功率100%(1/1本)をマークしていた。

【写真提供:©B.LEAGUE】


秋山は、チームを通して「この度、横浜ビー・コルセアーズに入団させていただくことになりました秋山皓太です。感謝の気持ちを胸に、常にベストを尽くし、勝利に貢献できるよう頑張ります。 応援よろしくお願いします」と意気込みをコメントしている。

期待の逸材が、横浜の海賊チームで初のプロ契約をつかんだ。B1の舞台も初めてで、若さ溢れるがむしゃらなプレーが期待される。

【写真提供:©B.LEAGUE】


今季チームが掲げた補強ポイントの中に「
体力だけでなくハートもタフな選手」「伸びしろがある若い選手」をあげており、秋山はそれに合致している。

トーマス・ウィスマンHCのもとで、“逸材”秋山皓太がどんな成長をみせてくれるか。今季の楽しみがまた増えた。

【記事/おおかめともき・写真提供/©B.LEAGUE】

 

横浜ビー・コルセアーズ/秋山皓太選手 2019-20シーズン 選手契約締結(新規)のお知らせ
https://b-corsairs.com/news/team_20190628_2/

金沢武士団/秋山皓太選手 移籍先決定のお知らせ
https://samuraiz.jp/news/detail/id=13413

 

Written by geki_ookame