ビーコル、歓喜のB1残留!富山との因縁対決を制し1年越しのリベンジを果たす!

復活の川村卓也が22得点!サビート18得点12リバウンドでダブルダブル!満田がここぞのブロックと3Pシュート!

B1残留プレーオフ2回戦(5月19日 片柳アリーナ)
横浜ビー・コルセアーズ 79-76 富山グラウジーズ
21-12|20-22|17-26|21-16

5月19日、蒲田にある片柳アリーナを中立会場とした「B.LEAGUE B1 残留プレーオフ 2回戦 2017-18 」がおこなわれ横浜ビー・コルセアーズと富山グラウジーズが対戦。激しい大接戦の末、ビーコルが79-76でグラウジーズを敗り、悲願のB1残留を決めた。

B1残留プレーオフ2回戦で富山グラウジーズとの激戦を制しB1残留を決めた横浜ビー・コルセアーズ

 

B1残留プレーオフ2回戦は、昨年と同じ5月19日に同じ対戦相手が激突した因縁対決。雌雄を決する運命の大一番でコートで選手たちが死力を尽くし、スタンドではブースターが怒濤のブースト合戦を繰り広げた中で、ビッグプレーが続出。最後の最後まで勝敗の行方が分からない好ゲームとなった。

両チームのエース、川村卓也と宇都直輝がB1残留を賭けて気持ちとプライドをぶつけ、川村が22得点、宇都が16得点13アシストを挙げた。

横浜ビー・コルセアーズ#1川村卓也

富山グラウジーズ#11宇都直輝

 

ビーコルにとっては、今季の集大成ともいえる勝利となった。スターティング5でビーコルは、これまでの富山戦で大きく機能していたハシーム・サビート・マンカを起用。サビートはその起用に応える大活躍を魅せた。

横浜ビー・コルセアーズ#34ハシーム・サビート・マンカ

 

1Qの序盤約2分間で両チームは得点がなく重たい立ち上がりとなった。グラウジーズは、アグレッシブなディフェンスをビーコルに仕掛けたが、立て続けにファウルを取られ、この2分間だけでチームファウルが5つになってしまう。

これで2本のフリースローを得た川村卓也が確実に沈めて2点。これを皮切りにスコアが動き始める。

1Q 8分3秒にフリースロー2本を確実に沈める川村卓也。これが両チーム通じての先制点となった

 

直後にグラウジーズのエース宇都直輝がビーコルディフェンスを突破して2Pを入れると、今度はビーコルのエース川村卓也が3Pでやり返す。

川村の3Pは、宇都のパスミスによるターンオーバーからだった。川村は試合後にこう振り返っている。

「前半で宇都にターンオーバーをさせるチームプレーが出来た」

これでリズムを崩した宇都は、以降でパスとシュートでミスが多くなってしまう。

1Q 7分12秒に宇都のターンオーバーから3Pシュートを沈める川村卓也

 

グラウジーズはチャップマンの3Pで同点にしたが、ここからシュートが決まらず得点がストップ。

1Q 6分51秒、一時は同点の3Pシュートを沈めたデクスター・ピットマン

 

ビーコルは6分32秒にチャップマンのファウルから得たフリースローを2本とも決めたサビートの2点から、川村レイアップ、サビート2P(インサイド)、川村2P(アウトサイド)、サビート2P(アウトサイド)、マクドナルド2P(インサイド)、竹田のフリースロー2本で14-0のランを成功させて一気に14点のリードを奪う。

1Q 5分43秒にレイアップで2Pシュートを沈める川村卓也

1Q 3分37秒にアウトサイドから2Pシュートを沈めたハシーム・サビート・マンカ

 

グラウジーズは残り1分36秒から上江田の2P、ピットマンの2P、上江田の3Pで反撃。

残り15秒にマクドナルドがインサイドから2Pを沈め、1Qは21-12。ビーコルが9点のリードを奪い、ゲームの主導権を握った。

1Q残り1分6秒にインサイドから2Pシュートを沈めるクリント・チャップマン

 

2Q、流れを得たビーコルは、9分43秒に田渡 凌がアウトサイドから沈めた2Pを皮切りに、川村のフリースロー2本、パーマーの3点バスケットカウントで得点。

2Q 6分54秒に2Pシュートから3点のバスケットカウントを決めたジェフリー・パーマー

 

6分6秒、サビートがビッグプレーで魅せる。田渡のスローインから見事なアリウープダンクを決め、NBAドラフト1巡目2位の高さと技を2887人の観客に見せつけた。得意のグラウジーズ戦で大きく躍動したサビートは、さらに5分22秒、今度はレフトハンドで2Pを沈めた。

2Q 6分6秒、田渡のスローインからアリウープダンクを決めたハシーム・サビート・マンカ

2Q 5分22秒、レフトハンドで2Pシュートを沈めるハシーム・サビート・マンカ

 

4分11秒には細谷将司が3Pを沈め、細谷はさらに2分38秒にレイアップを決めた。

2Q 4分11秒に3Pシュートを沈める細谷将司

 

1分57秒、ウィラードのリバウンドからのボールを受け取り一気にドライブした宇都が、ビーコルディフェンスを突破してレイアップを打ったが、これを満田丈太郎が渾身のブロックショットで阻止。さらに満田は、川村からリバウンドボールを受け取るとそのままドライブしてファウルを奪い、フリースロー2本を確実に沈めてみせた。

2Q 1分57秒、宇都の2Pシュートをブロックショットで阻止する満田丈太郎①

2Q 1分57秒、宇都の2Pシュートをブロックショットで阻止する満田丈太郎②

 

グラウジーズは、これで流れを失いかけたが、残り1分35秒にピットマンが沈めたインサイドからの2P、ウィラードのアウトサイドからの2P、上江田の3Pなどで連続得点して流れを作り、後半戦での反撃に繋げた。2Qは、20-22でグラウジーズがクォーターでのリードを奪い返した。トータルスコアは41-34でビーコルのリードは7点となった。

2Q残り28秒に3Pシュートを沈める上江田勇樹

 

ビーコルは2Qの終盤1分51秒から3Qの6分2秒まで得点が停滞。グラウジーズはこの間に、宇都のレイアップ、ウィラードのインサイドからの2Pと3P、フリースロー2本で17-0のランを決め、同点から勝ち越しに成功する。

3Qでの横浜ビー・コルセアーズ。

 

しかし直後の6分2秒に川村の3Pでビーコルが再逆転すると、ここから激しい一進一退の攻防となりスコアが行き来した。

ビーコルはサビートのダンクと川村のインサイドからの2P、川村のアウトサイドからの2P、竹田 謙の3P、田渡の連続2Pで得点をかさねた。

3Q 5分34秒にダンクを沈めるハシーム・サビート・マンカ

3Q 5分34秒にダンクを沈めたハシーム・サビート・マンカ

3Q 2分に3Pシュートを沈める竹田 謙

3Q残り1分30秒に2Pシュートを沈める田渡 凌

 

グラウジーズは、この3Qだけで18得点を挙げたサム・ウィラードと6アシストの宇都が猛追の起点となり、残り4秒で宇都のアシストからウィラードが沈めたダンクで逆転して最終クォーターに突入した。3Qは17-26でグラウジーズがリード。トータルスコア58-60でビーコルが2点のビハインドを背負った。

3Q残り4秒でダンクを沈めるサム・ウィラード

 

前半で苦しんだ宇都は、3Qで徐々に調子を取り戻し、レイアップ2本、さらには6本のアシストで得点に繋げた。

3Q 2分23秒にレイアップを決めた宇都直輝

 

4Q、らしさを取り戻した宇都がインサイドから連続2P、大塚裕土のアウトサイドからの2P、宇都のインサイドからの2P、ウィラードの3点バスケットカウント、水戸健史の2Pでリードを広げる。

4Q 6分40秒に2Pシュートを沈める宇都直輝

 

ビーコルは開始から約6分間での得点が、パーマーのインサイドからの2P、竹田のレイアップの4点のみに留まるが、4分に満田が沈めた3Pから猛追が始まった。

4Q 8分56秒にインサイドから2Pシュートを沈めるジェフリー・パーマー

4Q 5分21秒にレイアップを決める竹田 謙

 

3分27秒に細谷がレイアップを決めると2分44秒に川村がインサイドから2P。2分19秒にはサビートがこの試合3本目のダンクを沈めた。

4Q 2分19秒にレイアップを決める細谷将司

4Q 2分19秒にダンクを沈めるハシーム・サビート・マンカ

 

1分46秒に満田が、宇都のファウルから得た2本フリースローを確実に沈めて、ビーコルが73-73の同点に追いつく。

4Q 1分46秒、満田丈太郎が宇都のファウルから2本のフリースローを得る。

満田はこれを2本とも沈めてビーコルが同点に追いつく

 

1分30秒、宇都がパスミスから許したターンオーバーをサビートがスティール。これを川村が倒れながらに中に入れてオフェンスに繋げる。

1分10秒、川村がグラウジーズディフェンスに切り込み、外にいてノーマークだったジェフリー・パーマーに絶妙なノールックパスを出す。

4Q 1分10秒、ドライブからゴール下に切り込んだ川村卓也がノーマークだったジェフリー・パーマーにノールックパスを出す

パーマーはこれを見事沈めて勝ち越しの3Pシュート。76-73でビーコルが遂に3点のリードを奪い返し、スタンドの7割を埋め尽くしたビーコルブースターは狂喜乱舞。スタンド中にB-CLAPが咲き乱れた。

川村のパスを受け取ったパーマーは3Pシュートを沈め、ビーコルが勝ち越しに成功する

 

勝利への氣魄を一気に剥き出しにしたビーコルの選手たちを、アリーナ中に轟くビーコルブースターの力強い「ゴーゴービーコル!」のコールがあと押しする。

残り46秒、大塚が外した3Pでのリバウンド争いでサビートがファウルを奪う。サビートはプレッシャーの中で1本目を外したが2本目を沈めて4点差。

4Q残り46秒、プレッシャーの中でフリースロー1本を沈めるハシーム・サビート・マンカ

 

ビーコルの悲願B1残留にプレッシャーが立ちはだかる。ウィラードが外した3Pを細谷がディフェンスリバウンドしてドライブ。しかしミスからターンオーバーを許してしまう。グラウジーズは宇都が3Pを打ったが外れ、ウィラードがオフェンスリバウンド。これを止めにいった満田がファウルを取られ、グラウジーズにフリースロー2本が与えられた。

ここで、川村がコートの中央でビーコルブースターにブースターディフェンスを促す。声と足踏み、そして激しく叩かれるB-CLAP。ブースターディフェンスは怒濤の大音量となり、その光景はまさにビーコルブースターも共に闘っていることをあらわした。

ウィラードは、この異様ともいえる雰囲気の中でフリースローを1本外してビーコルのリードは3点。

4Q残り26秒でウィラードが2本のフリースローを得ると、川村卓也が大きなジェスチャーでビーコルブースターにブースターディフェンスを促す。割れんばかりのブースターディフェンスからプレッシャーを受けたウィラードは1本を外した。

 

残り23秒、パーマーが取られたファウルでピットマンがフリースローを2本とも入れてグラウジーズが1点差にまで詰め寄った。ここで、グラウジーズはタイムアウトを掛けてファウルゲームに持ち込む。

残り16秒、2本のフリースローを得た川村が2本とも確実に沈めて差は3点。

4Q残り16秒、1点にまで詰め寄ったグラウジーズはファウルゲームに持ち込む。2本のフリースローを得た川村卓也はこれを2本とも確実に沈め3点差にした

 

あとがないグラウジーズは再びタイムアウト。ビーコルは高島一貴を投入してディフェンスを固める。

グラウジーズは、2度目のファウルゲームを実行せず3P狙いを選択。残り12秒、高島が懸命のディフェンスでプレッシャーを掛け、大塚が打った3Pシュートを外させた。

4Q残り12秒、渾身のディフェンスで大塚裕土の3Pシュートを阻止する高島一貴

 

これを拾った宇都が3Pシュートを打ったがこれも外れ、ボールがラインの外に出てビーコルボールに。残り2秒で3点差、ビーコルは勝利を確信したが、グラウジーズは最後のタイムアウトを掛けた。

4Q残り10秒、大塚が3Pシュートを外したこぼれ球を宇都が拾って3Pシュートを打ったが、これも外れてしまう

 

ここでビーコルは殊勲のディフェンスで3Pを阻止した高島に代えて細谷を再投入。

パーマーのスローインでボールが満田に渡りこれを宇都が奪いに行ったが、ルーズボールになったところでタイムアップ。川村が勝利の雄叫びを上げ、ビーコルブースターの歓喜が爆発した。富山グラウジーズに1年越しのリベンジを果たした横浜ビー・コルセアーズが、悲願のB1残留を成し遂げた瞬間だった。

B1残留を決めた瞬間、コート上で勝利の雄叫びをあげる川村卓也

川村を迎えに来たキャプテン湊谷安玲久司朱。その左後方で敗れた宇都直輝がうなだれる

湊谷は川村を起こし上げると二人はその場で抱き合い喜びを分かち合った

敗れたグラウジーズは、5月27日(日)横浜アリーナでおこなわれるB1・B2入替戦で熊本ヴォルターズと対戦し、B1残留に最後の望みをかける。

ファイナルスコアは79-76。4Qは21-16でビーコルがリードを奪い返した。

この試合の両チーム通じてのスコアリーダーは26得点を挙げたグラウジーズのサム・ウィラード。さらにウィラードは14得点でダブルダブルを記録した。

グラウジーズ宇都直輝は前半で苦しんだが、後半に調子を戻し、16得点13アシストで奮闘した。宇都は試合後の会見で「勝てたゲームを落としてしまった。自分の責任」と語っている。

試合後に会見する宇都直輝

 

ビーコルのスコアリーダーは、今季最後の試合となった残留プレーオフ2回戦で完全復活したエース川村卓也の22得点。川村は38分30秒に渡って奮闘し、今季最大のキャプテンシーでチームをB1残留へと導いた。

ハシーム・サビート・マンカがアリウープダンク1本を含む3本のダンクで18得点12リバウンドでダブルダブルの大活躍。川村と共にオフェンスの起点となった。グラウジーズは命運掛けたB1残留プレーオフでもサビートを止めることが出来なかった。

4Q終盤での勝負どころで見事な3Pシュートを沈めたジェフリー・パーマーは8得点4アシスト。

ディフェンスで宇都のリズムを狂わせた満田丈太郎は7得点3アシスト。2Qで、宇都のシュートを阻止した1ブロックショットが光った。

ここぞの3Pシュートが光ったベテラン竹田 謙は7得点。

ポイントガードの細谷将司は7得点6アシスト。もう一人のポイントガード田渡 凌は6得点だった。

試合後の会見で尺野将太HCはこう振り返り、ビーコルブースターに感謝の気持ちを伝えている。

「プレーだけでなく、気持ちでも、今シーズンの全てがこもった良いゲームになりました」

「富山さんの良いプレーも沢山出ましたが、それを上回るウチの良いプレー、気持ちの入ったプレーが最後の3点差に繋がりました。本当にチームで勝ち取った勝利です」

「ビーコルブースターの皆さんが、本当にシーズンを通して、ホームでもアウェイでも多くのビーコルブースターさんたちが駆けつけてチームをあと押ししてくれました。なかなか勝利で応えられなかったのが心苦しいんですけど、本当にいつも支えてくれて、心からありがとうございましたと言いたいです」

試合後に会見する横浜ビー・コルセアーズ尺野将太HC

 

ビーコルの長きに渡った2017-18シーズンの航海が終わった。最終成績は中地区で最下位の6位。全体で16位となった。2年連続でB1残留プレーオフを争ってのB1残留だが、昨季は入替戦での残留。今季は2回戦で、昨季の2回戦で惨敗したグラウジーズから勝って残留を決めたのは大きい。

B1残留を決めたあとのロッカールームで喜びを分かち合う横浜ビー・コルセアーズ①

 

シーズン前に掲げた優勝という目標は果たせなかったが、シーズン序盤でいきなり湊谷安玲久司朱とジェイソン・ウォッシュバーンをアキレス腱の怪我で失ったのをはじめ、以降で降りかかった数々の苦難困難をチームで乗り越えてきた。

トーマス・ウィスマンをアドバイザーに迎えたシーズン中盤以降でタレント揃いの海賊でありながらもチームバスケを推し進め、ビーコルは闘えるチームへと進化した。

残留を決めたあとのロッカールームで、選手たちはB1残留を果たした充実感と安堵の表情を浮かべていた。ただ、選手たちはビーコルブースターに対して、2年連続で残留プレーオフにしてしまった申し訳ない気持ちがある。

ビーコルは、今季の闘いで得たことを来季に活かし、強くなることで、最後まで共に闘ってくれたビーコルブースターに恩返しをする。

B1残留を決めたあとのロッカールームで喜びを分かち合う横浜ビー・コルセアーズ②

 

海賊たちは、5月27日に帰港式をおこない、期待の2018-19シーズンまでしばしの休息に入る。

家ゾク(かぞく)であるビーコルブースターと共にB1残留の喜びを分かち合う横浜ビー・コルセアーズ。ここから次なる航海までしばしの休息を迎える

【取材・記事・写真/おおかめともき】

 

Written by geki_ookame