永遠のミスター・ビーコル蒲谷正之が退団、信州へ新たなる旅立ち。

7年間ビーコルを支え続けた36歳のベテランは、まだまだ闘う!

8月31日、横浜ビー・コルセアーズは蒲谷正之の退団を発表。また同日、信州ブレイブウォリアーズは蒲谷との2018-19シーズンの選手契約基本合意を発表した。

横浜ビー・コルセアーズを退団し、信州ブレイブウォリアーズへの移籍が発表された蒲谷正之


8月最後の日に、実に寂しいニュースが飛び込んできた。7年間に渡ってチームを支え続けたミスター・ビーコル蒲谷正之がビーコルを去ることが発表された。蒲谷は信州ブレイブウォリアーズに移籍する道を選んだ。36歳の大ベテランはプレータイムを求めて、新たなる航海に出る。


横須賀市出身の蒲谷は、日本大学、三菱電機メルコ ドルフィンズ(現・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、富山グラウジーズを経て、三菱電機に復帰。以降ビーコル創設の2011-12シーズンから横浜ビー・コルセアーズに入団して中心選手としてプレー。ビーコルでの7年間では通算309試合に出場し、2813得点を挙げた。


2013年6月19日有明コロシアムで、ライジング福岡と雌雄を決した「bjリーグ 2012-2013シーズン プレイオフ ファイナルズ」の大一番で35得点というハイスコアを挙げてMVPの座に輝き、ビーコルの初優勝に大きく貢献。横浜中華街で優勝パレードもおこなった。

翌年チームが迎えた経営危機では、その存在と活躍で勇気を与え、ビーコルブースターと共に苦難の時代を支えた。蒲谷が“家族”と呼ぶビーコルブースターからは、ミスター・ビーコルとして親しみ愛され続けた。


Bリーグになった2016-17シーズンからは、世代交代の波に押されプレータイムが徐々に減っていき、得点もbjリーグ最終年の2015-16にマークした411得点から46得点に激減。これは怪我も影響したのだが、今季は傷も癒え闘える状態だったにもかかわらず28試合の出場に留まり、先発は開幕節を含めたわずか3回に終わったが、それでもここぞという場面でコートに立ち、前年を上回る93得点を挙げてみせた。

世代交代はベテランならば誰もが通る道だ。平塚での西宮戦GAME2で活躍後に川村卓也と交代する蒲谷。その時、川村を抱き寄せた。蒲谷は川村をかつての自分を見る想いで可愛がっていたのではないか。そう思い起こさせるシーンだった。


プレータイムが少なくなっても、与えられた時間の中でチームのために、愛するビーコルブースターのために死力を尽くして闘い続けたミスター・ビーコルの姿。その蒲谷が今季最も輝き「蒲谷正之、未だ健在」を大きく示したのが4月8日平塚でおこなわれたホーム西宮戦GAME2だった。

4月8日平塚でのホーム西宮戦GAME2で蒲谷は、これまでコートに立てなかった鬱憤を晴らすかのような躍動でチームの危機を救った。ミスター・ビーコルの意地とプライドを見た思いだった。そして蒲谷は、自身がまだまだ闘えることをコートの上で示してみせた。


チームはGAME1で、細谷将司、田渡 凌、竹田 謙の3選手がインフルエンザで欠場するといった緊急事態が発生。特にB1残留に向けたサバイバルゲームの中でポイントガードを二人も失うといった危機的状況だった。

4月8日平塚での西宮戦GAME2でポイントガードを務める蒲谷


GAME1では、ベテラン山田謙治(現・広島)がポイントガードで先発して窮地を救ったが、蒲谷も途中から出場してキャプテンシーを発揮。チームの勝利に大きく貢献した。


そして翌日のGAME2で、蒲谷はさらなる躍動を魅せる。ショットが冴えに冴えてシュート成功率100%。今季自己最多となる15得点を挙げ、アシストも4つ記録した。「オレを忘れるな!」といわんばかりの体を張った気魄溢れるプレーでチームを引っ張り、ビーコルは連勝。山田と共にチームの危機を救った。

4月8日平塚での西宮戦GAME2、2Qにチーム勝ち越しとなる2Pシュートを沈める蒲谷正之


蒲谷は試合後の会見に登場。「お久しぶり!」と記者たちにおどけてみせたその表情にはベテラン選手が持つ「憂い」が見え隠れした。この時、B-COR MAGAZINEは蒲谷に、プレータイムが減少し、ベンチからゲームを見つめる時間が長くなっていることへの、もどかしさを聞いている。

4月8日の西宮戦GAME2。蒲谷はチームの危機の中で自身今季最大のスタッツをマーク。試合後の会見に応じた


「横浜ビー・コルセアーズの初年度からやって、設立当初からプレーしていますけど、良い思いも、最高の思いもあったし、最低の思いもしています。その中で、本当にビーコルは、自分のチームというか、自分の家のようなチームなので、本当にチームが勝ってくれれば、僕は嬉しいです」

試合前のアップで蒲谷は、必ず川村と組んでいた


「今の采配も、若手の育成も、僕がチーム全体の目線から見ても、それは横浜ビー・コルセアーズが今後強くなっていく上で大事なこと。みんながステップアップしていく上で、役割があった時や、求められた時に、しっかりと自分の仕事がこなせられるようにする。それだけは出来るように準備して努力しています」


神妙な口調でこう語った蒲谷の言葉にミスター・ビーコルの誇りを感じ、そのプライドに胸を強く打たれた。昨シーズン、チームがB1残留を決めたあと、チームが発表した2018-19シーズンの契約選手の中に蒲谷の名前はなかった。多くのビーコルブースターが愛してやまないミスター・ビーコルの進退を自分のことのように心配した。


蒲谷は苦渋の決断を自らにくだした。プレータイムを求めて愛するビーコルを離れる。あの西宮戦で示した通り、その力はまだまだ衰えてはいない。信州の地でもう一度、大輪の花を咲かせてみせる。


ミスター・ビーコル蒲谷正之。ビーコルの誇り高き、栄光の背番号#3は永遠に海賊の英雄として語り継げられる。蒲谷正之に多大な感謝の意を表すると共に、新天地・信州ブレイブウォリアーズでの活躍を心から願いたい。

我らが誇りミスター・ビーコル蒲谷正之に栄光あれ

【取材・写真・記事/おおかめともき】

横浜ビー・コルセアーズ 『蒲谷正之選手 退団のお知らせ』
https://b-corsairs.com/news/team_20180831-1/

信州ブレイブウォリアーズ 『選手契約基本合意(新規)のお知らせ』
https://www.b-warriors.net/news/45444/

 

Written by geki_ookame