満田、田渡がららぽーと横浜でのイベントに出演!

サービス満点のファンサービスに訪れた多くの観客が興奮!

6月17日、ビーコルのホームゲーム運営パートナーである三井ショッピングパークららぽーと横浜でおこなわれたイベント「WITH SPORTS LaLaportYOKOHAMA『横浜ビー・コルセアーズの選手がやってくる!バスケットボールを楽しもう!』に満田丈太郎と田渡 凌が出演した。

ららぽーと横浜のイベントに参加した満田丈太郎と田渡 凌

 

当日は、多くのビーコルブースター、子供連れのファミリー層が集まり、満田と田渡のトークショーとミニゴールへのシュートチャレンジで日曜日の楽しいひと時を過ごした。

ミニゴールへのシュートチャレンジでは、満田と田渡のアドバイスやサポートを受けることも出来て、訪れた人たちは興奮の面持ちで楽しみ、バスケに接していた。

満田と田渡も集まった沢山の観客には驚いたようで、気合満点のファンサービスで応えていたのが印象的。トークショーでは、普段コートで見せない表情や、時間に収まりきらない盛り沢山のトークで観客を楽しませていた。

2回目のステージでは満田と田渡のコンビが息の合ったトークを披露。

 

イベントは満田の回、満田と田渡の回、田渡の回の計3回、各20分でのステージがおこなわれたが、ステージを終え控室に戻るたびに大勢のブースターに囲まれてその熱狂ぶりに二人とも目を白黒。普段あまり体験することのない雰囲気と熱気に戸惑いを隠せない様子だった。

ステージの2階にも詰めかけた観客に手を振る田渡 凌。満田丈太郎も少し戸惑い気味?

 

参加した人たちの声を拾ってみた。普段からビーコルの試合をよく応援にいく女性ビーコルブースターの二人は興奮した面持ちでこう答えてくれた。

「こういったビーコルの選手イベントは初めてだったんですが、とても楽しかったです!満田選手にはブロックされてしまいました(笑)」

「また来たいです!今後は大人も参加出来るイベントになるといいな」

「満田選手の力を借りて2回入れることが出来ました!」

母娘で参加したビーコルブースターの女の子は、田渡がトークショーで言っていた“気持ち”でシュートしたそう。

「田渡選手が、“気持ち”で私のシュートを手助けしてくれて、とても楽しかったです!」

またお母さんも選手と接して興奮した様子。

「普段、間近で選手を見ることがないので、もううれしかったです!田渡選手が無理やり入れてくれました!」

一方で選手の方はどうだっただろうか。既に名古屋Dへの移籍が決まっている満田丈太郎にとっては、これがビーコルでの最後のイベント。

満田はこのイベントに参加した感想をこう語ってくれた。

「時間が短かったので、もっとやりたかったですね。せっかくあんなに沢山の皆さんに来て頂いたので、もう少し長く楽しんでもらいたかったです」

「小さい子供たちが、シュートをやってくれるというのがとてもうれしかったです」

「将来、今日ここでやったことを覚えていて、その子にとってバスケが身近になって興味を持ってくれたら、今日やって良かったなと思うし、そうなってくれたら、うれしいですよね」

出番を待つバックステージでは、田渡との仲の良さも垣間見れた。

田渡 凌は、満田とのステージで眼鏡姿を披露。ソロでのステージでは、その眼鏡を外して登壇して様々な表情を見せていた。

満田とのステージで眼鏡姿を披露した田渡 凌

ソロのステージでは眼鏡を外して登壇。首からさげているのは、この日ビーコルブースターからプレゼントされたもの

 

シュートゲームではシュートを入れた人に自らハイタッチをして盛り上げ、訪れた人たちを魅了していた。

イベントの感想を聞くとこんな茶目っ気ある答えが返ってきた。

「ハリウッドスターになった気分になれました(笑)」

「時間が短かったのが残念。話し足りないです。もっと、話したかったですね」

トークとシュートチャレンジを含めた各20分間のステージはあっと言う間。選手二人とも精一杯のファンサービスをおこない、自身もとことん楽しんでいた。選手とブースター、またビーコルやバスケを知らない人たちが、間近に接し交流出来る場がこれからさらに増えていくことに期待したい。

【記事・取材・写真/おおかめともき】

三井ショッピングパーク ららぽーと横浜
https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/yokohama/

 

Written by geki_ookame