B-ROSEがオーディションに向けた体験レッスン会を開催!

来たれ!ネクストシーズンの薔薇たち!6月23日のオーディションに向けて、ひと足早くB-ROSEを体験!

横浜ビー・コルセアーズのチアリーダーズB-ROSEが、来季2018-19シーズンメンバーのオーディションに向けた体験レッスン会を、ビーコルセンター内のスタジオで開催した。なおオーディションは、6月23日(土)に同場所でおこなわれる。

6月10日ビーコルセンター内のスタジオで開催されたB-ROSE来季メンバーオーディションに向けた体験レッスン会

 

当日は、オーディションエントリーを検討している約20名が、B-ROSEと、オーディション当日に審査員を務める植村綾子ディレクター、廣瀬彰子コーチの指導とレクチャーのもとで90分間に渡るレッスンをおこなった。

参加者に指導する現役B-ROSEでアシスタントディレクターのMakiさん

 

昨シーズンは、入替戦もあった過密スケジュールの関係で開催を断念したこの体験レッスンだが、今回はオーディションエントリー者が、オーディションが開催される同じ場所で、事前に現役のB-ROSEメンバーとレッスンをすることで、よりリラックスして緊張することなくオーディションを受けられるようにと設けられた場だった。

B-ROSEメンバーと基礎トレーニングをおこなう参加者たち

 

またオーディションのエントリーを迷っている人には、実際に雰囲気を見てもらい、練習や、パフォーマンスを実際に体験することでオーディションにエントリーするかどうかを判断して欲しいという開催側の思いもあった。

シーズン中におこなったB-ROSEのパフォーマンスも参加者の前で実演された

 

B-ROSEのメンバーになったつもりで、とにかく楽しむことを重視してレッスンがおこなわれていった。レッスンの中盤ではB-ROSEがパフォーマンスを披露。参加者は憧れの眼差しで見つめているもの、真剣な眼差しで見つめているものと多様な表情を見せていた。

SAYAKAさんのお手本を羨望のまなざしで見つめる参加者たち

 

また、ホームゲームでB-ROSEがどのような役割、パフォーマンスをこなしていくかが、ゲーム展開にあわせて詳しく説明され、参加者はB-ROSEと共にゲーム時と同じ進行のパフォーマンスを1試合ぶん体験することが出来た。

レッスン後には、参加者がB-ROSEメンバーに質問する場も設けられ、参加者はかなり突っ込んだ質問を投げかけ、メンバーは丁寧に答えていた。オーディションのエントリーを考えている彼女たちにとって、オーディションや、実際に活動することになった時の、いろいろな不安や疑問などを聞くことが出来た貴重な時間となった。

参加者に話を聞いた。

「幼稚園の時からチアをやっていたんですけど、本格的に始めたくて、B-ROSEを調べたら凄く素敵で、私も皆さんと一緒にやってみたいと思いました」

「今日、参加出来てとても楽しかったです。いろんな人が参加していて、沢山刺激をもらいました。B-ROSEの皆さんが元気で輝いていたので私も元気になれました。チアリーダーの初心を改めて思い出しました。今度は私が、皆さんに笑顔と元気を届ける側になりたいです」

「器械体操やチアリーディングをやっていました。Bリーグのチアリーダーをやりたいと思っています。ダンスが難しかったですが、実際に今日メンバーの皆さんと一緒にやらせて頂いて、より一層B-ROSEでやってみたい気持ちが強くなりました。来てよかったです」

「以前にB-ROSEを会場で観たことがあったんですけど、その時に観た美しさ、手先まで意識されたひとつひとつの動作がとても綺麗だったんです。私もその一員になれたらうれしいです」

今回の体験レッスンを受けて、参加者はオーディションにエントリーするかどうかを6月20日(水)必着のエントリー締め切りまで熟考する。

2018-19メンバーのオーディションは、6月23日(土)に今回と同じビーコルセンター内のスタジオでおこなわれる。

当日審査員を務める植村綾子ディレクターは、B-ROSEを目指す女性たちにメッセージとエールを送る。

「オーディション会場は緊張するし、ダンスが出来る出来ない、完璧に踊れる踊れないということを意識しがちですが、実際はそういったことにとらわれずに、ひとりの女性から出てくる雰囲気やオーラ、立ち振る舞い、ヘアメイク、ダンスだけではない部分を大事にしてジャッジします」

「もちろん、ダンスを完璧に踊れたら自信にはなると思いますけど、それだけではなく、チアリーダーらしく笑顔で取り組む姿勢や、声を出して楽しくパフォーマンスをすること、オーディションを楽しむことが大事なんです」

B-ROSE植村綾子ディレクター

 

「実際にB-ROSEのメンバーになると、シーズンスケジュールは非常にタイトで、ホームゲーム出演、イベント出演、また週2回の公式練習もあります。正直、プライベートと仕事や学業とB-ROSEを両立させていくことは大変だと思います」

「ただ、それをやり遂げた時に、自分の次の人生に繋がる大きな自信を得ることが出来ると思います」

「挫けそうな時でも、周りにいるメンバー、ビーコルブースター、選手のプレーで励みをもらい、そして与えながら1年間活動していくので、普段の生活では体験することの出来ない濃厚な1年間を過ごすことが出来ます。特に、ビーコルは!(笑)

「1年間を通じて生まれるメンバーとの絆、チームへの愛情、ビーコルブースターさんから頂く温かいご声援を感じると感謝の気持ちが生まれます。B-ROSE、チアリーダーズとして活動することで得るものは深くて大きいです。皆さん、ぜひ頑張ってください!沢山のエントリーをお待ちしております」

参加者とB-ROSEにメッセージを送る植村ディレクター

 

オーディションへのエントリーは6月20日(水)必着まで受け付けているので、まだ応募可能だ。来たれ!ネクストシーズンのB-ROSE!我と思わん人はぜひエントリーしてみては如何だろうか。詳細は以下のリンクから見ることが出来る。

【記事・インタビュー・写真/おおかめともき】

オーディションの詳細はこちらから
横浜ビー・コルセアーズチアリーダーズ「B-ROSE 2018-19」オーディション開催決定!

Written by geki_ookame