ビーコル、豊橋での三遠戦GAME1で最大24点差を猛追するも及ばず敗戦。

4Qで怒濤の猛追!GAME2に繋げる。川村卓也がキャリア通算7000得点まであと24得点。翌日のGAME2で達成も。

横浜ビー・コルセアーズ 86-97 三遠ネオフェニックス(2月17日・豊橋市総合体育館)
21-27|14-23|22-24|29-23

横浜ビー・コルセアーズは、アウェイ豊橋市総合体育館で、同じ中地区4位の三遠ネオフェニックスとGAME1を闘い初戦を落とした。

4Q 怒濤の猛追もGAME1を落とした横浜ビー・コルセアーズ

 

ビーコルの今季初3連勝はならなかった。三河湾近くにある豊橋市総合体育館の外は冷たい強風が吹き荒れ、海賊 対 三河の激しい海戦が予想された。

しかし、試合は終始追う展開。上向き加減だったディフェンスが破られ前半で15点ビハインドとなった。同時にファウルもかさみ、ファウルトラブルが多くなり、攻守に猛追した4Qを前にして佐藤託矢がファウルアウト。

4Q中盤約4分には5点差にまで迫ったが、ネオフェニックス#15鈴木達也に2Pシュートを決められてしまい流れを逸し、終盤怒濤の猛追も、一度も追いつくことなく豊橋での初戦を落とした。

注目の田渡兄弟の再戦は、2Q約6分から繰り広げられた。

2Q 6分から昨11月5日以来の再戦となった田渡兄弟。(左)兄 田渡修人。(右)弟 田渡 凌

田渡兄弟のアグレッシブなマッチアップ

 

スターティング5は、前節同様の、細谷、川村、高島、満田、マクドナルドの布陣。

1Q、ネオフェニックス#45鹿野洵生、#73田渡修人に3Pシュートを決められ、以降も内外でディフェンスが破られてしまい1Qだけで27得点をネオフェニックスに許した。

しかし、出だし早々の川村の連続2Pシュート。マクドナルドの2Pシュート。フリー2本を確実に決め満田丈太郎。細谷将司のレイアップによる2Pシュートと3Pシュート。ハシーム・サビート・マンカの2Pシュートなどで、1Qは21ー27。一時は13点離された差を6点に縮めた。

1Q 4分25秒。レイアップで2Pシュートを沈める細谷将司

 

2Q、オンザコート2で、ハシーム・サビート・マンカとジェフリー・パーマーが揃ってコートイン。これも前節同様の起用だった。

出だしで高島一貴がアウトサイドから2Pシュートを沈めたが、このクォーターでも失点が止らない。特にオンザコート2で起用された#32ウェンデル・ホワイト(ネオフェニックスが昨年12月に獲得した新外国籍選手)に、このクォーターだけで3Pシュートを1本を含む11得点を許し、ディフェンスからオフェンスに流れを作りたいビーコルにとっては痛手となった。2Qは14-23。トータルスコアで35ー50の15点差。

2Qの出だし9分19秒で2Pシュートを沈める高島一貴

 

3Q、速いパスワークからシュートに繋げたいビーコルだったが、ネオフェニックスのディフェンスは依然強固で川村、細谷らが狙った3Pシュートもリングに弾かれ、内外でタフショットが多くなった。

ネオフェニックスの強固なディフェンスを突破する川村卓也

 

残り1分45秒で、体を張ったアグレッシブなディフェンスで奮闘していた佐藤託矢がファウル5つでファウルアウト。攻守の鍵を握る和製ビッグマンを勝負どころの4Qを前にして失ってしまう。

3Q終盤でファウルアウトになってしまった佐藤託矢。勝負どころの4Qを前にしたところで攻守のビッグマンを使えないのは痛かった

 

しかし、4分10秒と4分42秒に細谷将司が連続2Pシュート。終了間際7秒で満田丈太郎が3Pシュートを沈め、何としても離されまいと食らいついた。3Qは22−24。トータルスコア57−74。ビハインドは17点に広がってしまう。

3Q終了間際7秒で3Pシュートを沈める満田丈太郎。この3Pシュートがチーム怒濤の反撃に火を付けた

 

4Q、満田の3Q終了間際での3Pシュートが海賊たちの導火線に火を付け、海賊たちは一気呵成の唸りを挙げて反撃に転じる。

開始早々、9分39秒でジェフリー・パーマーの2Pシュートを皮切りに、7分47秒に満田丈太郎が3Pシュート。6分45秒にマクドナルドが2Pシュート。6分28秒に満田丈太郎が2Pシュート沈め、得点ラッシュになった。

さらには、5分47秒と5分8秒でマクドナルドが連続して2Pシュート。5分8秒での川村の2Pシュートを挟んで、4分42秒に2Pシュートとマクドナルドが攻守に渡って大きく躍動。最後の4Qだけで10得点を挙げ、怒濤猛追の起点となった。

4Q、5分47秒と5分8秒でマクドナルドが連続して2Pシュートを沈める。写真は5分47秒のもの

 

4分10秒、川村のアシストから受けたジェフリー・パーマーが2Pシュートを沈めて、差は遂に5点にまで縮まった。

4Q 4分10秒。一時は5点差に迫る2Pシュートを沈めるジェフリー・パーマー

 

これで、流れがくるかと思われた矢先の3分3秒。#15鈴木達也に2Pシュートを決められてしまい流れを逸してしまう。それでも、ビーコルは執念みせた。2分20秒と1分50秒でパーマーとマクドナルドが2Pシュート。1分4秒で田渡 凌が2Pシュート。

4Q 2分20秒で2Pシュートを沈めるジェフリー・パーマー

4Q 1分50秒にチーム80得点目となる2Pシュートを沈めるウィリアム・マクドナルド

 

残り43秒で川村卓也が2Pシュート。残り16秒で田渡 凌が2Pシュートをレイアップで沈めたが、猛追はここまでとなり、ビーコルが86-97で敗戦した。4Qは29−23でビーコルがこの試合で初めてリード。トータルスコアは86−97で11得点差だった。

4Q残り16秒、兄修人の前で執念のレイアップを沈める田渡 凌

11点差での4Q終了直前、思わずディフェンス行動に入ってしまった川村卓也。エースの勝ちへの執念の表れだった

チームのスタッツリーダーは川村卓也の23得点。川村は自身の偉業、キャリア通算7000得点まで、あと24得点とした。早ければ、翌日のGAME2で達成させる可能性がある。

キャリア通算7000得点まで、あと24得点とした川村卓也。早ければ翌日のGAME2で達成する可能性がある。

 

ウィリアム・マクドナルドは、4Qで爆発して13得点。ジェフリー・パーマーは12得点を挙げた。パーマーは3Pシュートを4度打ったが全て失敗してしまっている。

満田丈太郎は3Pシュート2本(2/3)を含む12得点で、ここ数戦続く二桁得点を今回も継続した。また3Pシュートは66.7%の高い成功率を挙げている。また細谷将司も、3Pシュート2本(2/3)で、66.7%の高い3Pシュート成功率をマークしている。

ハシーム・サビート・マンカは、3ブロックショットをマークしたが、得点はわずか6点と伸びなかった。前節島根戦GAME1では4得点。GAME2で9得点とここ数戦でひと桁得点が続く。サビートが二桁得点を取れば、チームは90点台も計算出来るだけに、GAME2でのスーパーサビートの爆発に期待したい。

6点とロースコアに終わったハシーム・サビート・マンカ

 

86得点、4Qで29得点を入れた猛追があっただけに、それ以外のクォーターで得点が伸びなかったことが悔やまれる。

しかし、明日のGAME2に繋がる敗戦といっていい。田渡 凌が三遠戦前のインタビューで語っていたように、ビーコルは前節を上回る86得点を挙げ、得点力は確実に伸びている。

悲観する負け方ではない、相手がビーコルを上回る97点を入れたから負けた。負けては決してならないが、もし負けに良い悪いをつけれることが許されるならば、この敗戦はGAME2に繋がるポジティブな敗戦だ。

尺野将太HCは試合後にB-COR MAGAZINEの取材に応じ、悔しさを滲ませながら、こう総括している。

「平均72点のチームに97点は取られ過ぎました。今日、ディフェンス面で自分たちに出来ることはあったはず」

「オフェンスは86点取れていますが、ディフェンスで相手に、シュート確率58.3%は決められ過ぎなので、そこを抑えられるように明日ディフェンスをしっかりと修正します」

尺野将太HC

 

豊橋には、沢山のビーコルブースターが横浜から駆けつけ、声を枯らした。そのブーストは、ネオフェニックスのブーストを切る割くほどであり、誇らしいものだった。尺野HCは、ビーコルブースターにメッセージをくれた。

「今日、4Qを頑張れたのは、ビーコルブースターさんが沢山来てくれているからだと思っています。明日は4Qだけではなくて、1Qからしっかりやる。連敗は出来ないと思っているので、しっかりとプレーして勝ちにいきます」

豊橋市総合体育館には、横浜からビーコルブースターが大挙駆けつけ、あらん限りの声を絞りだしてブーストした。

 

GAME2でのスタートダッシュは非常に重要になる。会場のビーコルブースターも1Qから全開で、GAME1以上のブーストであと押しして欲しい。選手たちも、今日以上のエナジーで出だしからぶつかっていくだろう。

連敗は何としても阻止しなければならない、選手、チーム、ビーコルブースターが力を結束して、GAME2を勝利しよう!ゴービーコー!!

【写真・記事/おおかめともき】

 

Written by geki_ookame