ビーコル、新潟とのGAME2で24点差完敗も進むべき道は確か。

3連敗もチームの成長は続く。細谷が15得点、自身の1000得点達成へあと「6」

2018-19シーズン第7節・GAME2(11月4日 横浜国際プール)
横浜ビー・コルセアーズ 63-87 新潟アルビレックスBB
18-27|19-16|14-27|12-17

横浜ビー・コルセアーズは、11月4日ホーム横浜国際プールで同じ中地区首位の新潟アルビレックスBBと第7節のGAME2を闘い24点の大差で敗れ、今節を連敗した。ビーコルはこれで3連敗。

新潟とのGAME2を24点の大差で敗れ第7節を連敗した横浜ビー・コルセアーズ


細谷将司がこの試合で15得点を挙げて自身の1000得点達成まであと「6」とした。次節ホーム三遠戦での達成が濃厚となった。

この試合で15得点を挙げ、自身の1000得点達成まであと「6」とした横浜ビー・コルセアーズ#0細谷将司


9日前にやられた新潟にリベンジを期して挑んだ2連戦だったが完敗に終わってしまった。悔しさが募るが、トーマス・ウィスマンHCのもとで推し進める「優勝出来るチーム」へと進む道は間違ってはいない。今は強くなるための成長進化の過程であり、我慢が必要な段階だ。強さを手に入れた時、その時こそ新潟にリベンジする。

この日横浜国際プールに訪れた観衆は2,833人。その多くを占めたビーコルブースターはチームの勝利を願い最後まで熱いブーストを送り続けた。現在は成長進化の途中で悔しい試合が続くが、ウィスマン体制を信じてサポートし続ける


試合の立ち上がりから新潟にインサイド攻められビハインド。ガードナーには1Qだけで15得点を許した。ビーコルはペースを上げたプレーで僅差を維持。2Q中盤で川村の3Pシュートで一時は逆転に成功したが、直後に池田に3Pシュートを許し新潟が再びリード。ビーコルは、以降も食らいついて逆転を狙ったが3Q後半から失速して得点が停滞。4Qでは外のシュートに依存してしまったことからインサイドアタックが減少。ディフェンスも次々に破られてしまい、24点差での大敗となった。

ビーコルのスターティング5は前日と同じ川村、エゲケゼ、イベ、田渡、モリスのオンザコート3を入れた布陣。この日もマックレアのベンチ入り登録はなく、新外国籍選手プリンス・イベが引き続いてベンチ入りした。

1Q、イベと川村の連続2Pシュート、エゲケゼの3点バスケットカウントで好スタートを切ったビーコルだったが、ガードナーのレイアップとダンク、柏木の3Pシュートなどで逆転を許してしまう。

1Q 9分47秒に先制点となる2Pシュートを沈める#11プリンス・イベ

1Q 8分6秒にハミルトンを交わして2Pシュートを沈める#1川村卓也


1Q5分でモリスに代わって入った高島一貴が躍動。アウトサイドから沈めた2Pシュートを皮切りに、3Pシュート、ファストブレイクでの2Pシュートを入れて計7得点。シュート成功率100%で追撃への流れを作った。

1Qで3Pシュートを沈めビーコルブースターから大歓声を受ける#2高島一貴。高島はこのクォーターでディフェンスだけでなく成功率100%のシュートで7得点を挙げて、チーム追撃への流れを作った


イベとモリスもダンクを決めて新潟に食らいついた。ビーコルは1Qで18得点を入れたが、その一方でディフェンスがガードナーを止めることが出来ず1Qだけで15得点を喫した。さらには上江田、柏木、五十嵐にも3Pシュートも許してしまい1Qは18-27。9点のビハインドを背負ってしまう。

1Q 4分56秒にダンクを決める#11プリンス・イベ

1Q 1分22にダンクを沈める帰化選手#32エドワード・モリス


開始前に長いゴール調整がおこなわれた2Q、ビーコルはこのクォーターも速いペースでバスケを展開。開始早々から細谷将司が躍動した。ファストブレイクから3Pシュートを沈めると、6分にアウトサイドから2Pシュート、さらに5分にはレイアップも決めて差を1点にまで詰めた。

2Q 9分3秒に3Pシュートを沈める#0細谷将司。細谷はこのクォーターで3本のシュートを沈め7得点を挙げた

シュートを決めてビーコルブースターの大歓声を受ける細谷。スタンド中にビーコルクラップの花が開く

2Q 6分58秒にアウトサイドから2Pシュートを沈める#0細谷将司


5分3秒には川村が3Pシュートを沈めて33-31で逆転に成功。しかし直後に池田に3Pシュートを許して新潟が再逆転。以降も鵜澤、五十嵐、ハミルトンに外から2Pシュートを入れられ新潟を逃してしまう。ディフェンスは、新潟のフィールドゴールを6/16、成功率37.5%の16失点に抑えたが、ガードナーのプレータイムは3分5秒で、後半に向けて温存される形となった。2Qは19-16でビーコルがリード。トータルでは37-43となり差を6点に縮めた。

2Q 4分52秒、#1川村卓也が3Pシュートを沈めてビーコルが一時は逆転に成功した。右はラモント・ハミルトン。左端には1Qで15得点を挙げた新潟のダバンテ・ガードナーがベンチで戦況を見守る。庄司和広HC(右端)はこのクォーターでガードナーを起用を3分に留め、後半に向けて温存した


3Q開始早々に川村が3Pシュートを沈めて3点差。しかし、ガードナーに3点バスケットカウントを許してしまう。直後にエゲケゼがインサイドから2Pシュートを沈めたがハミルトンに2Pシュートを入れられ僅差の攻防が続いた。

3Q開始早々に3Pシュートを沈める#1川村卓也

3Q 8分29秒に2Pシュートを沈める#8アマンゼ・エゲケゼ


6分には細谷がレイアップ、5分にはイベがこの試合2本目となるダンクを決めた。しかし、ここからビーコルの得点が停滞。ガードナー、ハミルトンらの得点で0-17のランを許し、ビハインドが一気に増えて19点差にまで広がってしまう。2Qで休めたガードナーはハミルトンと共にこのクォーター10分間をフル出場。それぞれに10点を入れられ計20点を許した。

残り1分で細谷が沈めた3Pシュートでようやくランがストップ。細谷は終了間際15秒にもレイアップを決めて2Qに続く7得点を挙げた。

3Qは後半の失速が大きく響いて14-27。トータル51-70となりビハインドは21点の大差にまで広がってしまった。

3Q 6分59秒にレイアップを決める#0細谷将司


4QでウィスマンHCは、頭から19歳のハンター・コートを投入して10分間フルのプレータイムを与えた。10月24日新潟戦以来、3試合ぶりの出場となったハンターはミスもあった一方で、若さ溢れる躍動を見せてチームに新風をもたらした。

4Q、10分間フルでプレーした#10ハンター・コート。若さ溢れるプレーで停滞するチームに新風をもたらした


勇猛果敢なディフェンスでガードナーとハミルトンに挑み、3分にはインサイドに切り込み今季2本目のフィールドゴールとなる2Pシュートを沈め、2分にはフリースロー2本を確実に入れて可能性を示した。

4Q 3分34秒にジャンプショットで2Pシュートを沈める#10ハンター・コート

フリースローでは2本を確実に入れてみせた


ウィスマンHCは試合後、この起用について「彼はまだ19歳の選手だが、良いところもあり可能性がある。彼がコートに入ってエナジーや若さ溢れるプレーが加わった。ミスがいくつかあったが、あれは学びの過程であり仕方のないこと。彼がここから成長していければいい。ただ本来であれば、あの時間帯は、他の選手にリーダーシップを発揮してもらいたかった」と語っている。

ハンターは、巨漢のガードナーにも勇猛果敢に挑んだ。ミスもあったが、ガッツむき出しのディフェンスは新鮮だった


4Qでビーコルは、序盤にエゲケゼが3Pシュートとレイアップで3点バスケットカウントを決めたが、最終クォーターも得点が大きく停滞してしまった。

4Qで2Pシュートから3点バスケットカウントを決めた#8アマンゼ・エゲケゼ


ディフェンスもガードナーとハミルトンの得点を止めることが出来ず12-17。ファイナルスコア63-87、24点の大差で新潟に今季の3敗目を喫した。ビーコルはこれで3連敗。新潟は首位の座を守った。

ビーコルのスコアリーダーは共に15得点を挙げた川村卓也(6アシスト)と細谷将司(4アシスト)。細谷は自身の1000得点まであと「6」とした。

以降は、アマンゼ・エゲケゼ13得点(3アシスト)。新外国籍選手プリンス・イベは2本のダンクを決めて6得点。リバウンドではチームトップの11をマークした。

3Qで2本目のダンクを決める新外国籍選手#11プリンス・イベ


ウィスマンHCの試合後会見はこれまでで最も短いものとなった。誉れ高い名将は、厳しい表情を浮かべながらこう語っている。

「今日はあまり言えることがない。今日のパフォーマンスは恥ずかしいものだ。私が責任を取らなければならないものだと思っている」

「今日はペースを上げてプレーしていくゲームプランだった。3Q前半まではこれが出来ていたが、以降でいきなり崩れ始めてペースが落ちた。チーム全体が崩れてしまい立て直すことが出来なかった。ペースを上げるプレーを持続させていかなければならない」

「後半での我々のシューティング確立は30%で相手が60% これを逆にしないと勝つことは出来ない」

「昨日シューティングコンテストで負けていたので、今日はインサイドにアタックしていくゲームプランだった。それにもかかわらず、(特に4Qでは)外のシュートばかり打ってしまった。これはゲームプランにはないものだった」

「チームの成長が出来ていないの私の責任。全ての責任は私にある」

横浜ビー・コルセアーズ トーマス・ウィスマンHC


次節は中2日でおこなわれる水曜日ゲームの1試合。5位三遠との直接対決だ。三遠とは成績が拮抗しており、大事な試合となる。この先、ズルズルいかないためにも、何としても勝っておかないといけない大事な試合となる。修正はもちろんだが、切り替えと奮起が必要。新潟戦の連敗を引きずるわけにはいかない。

【写真・記事/おおかめともき】

 

【BOX SCORE / PLAY BY PLAY】11.04 [SUN] 横浜ビー・コルセアーズvs新潟アルビレックスBB
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3085

 

Written by geki_ookame